電気新聞 ENERGY & ELECTRICITY The Denki Shimbun

  • ホーム
  • ニュース
  • 出版物
  • イベント
  • 広告・特集
  • 電気新聞について
  • トップ
  • 主要ニュース
  • 電力・エネルギー
  • 産業・技術
  • 工事・保安
  • 地域
  • フォト
  • スペシャル
  • エネルギー業界プレスリリース

工事・保安

鹿島がマルチ造波水路を更新―多様な水理実験可能に 

2016/02/16  

実験デモの模様

実験デモの模様

建設技術確立、防災対策に活用

鹿島は、同社技術研究所(東京都調布市)の水理実験施設「マルチ造波水路」をこのほど更新し、15日、報道陣向けに公開した。再現可能な津波高が2倍となり、実験性能が大幅に向上。水路幅も従来の0.7メートルから1.2メートルへと拡大し、再現性の高い多様な水理実験が可能となった。同水路を積極的に活用して海洋・港湾構造物や陸上設置構造物への波の影響・作用を把握し、安全な構造物の建設技術確立、沿岸域の防災・減災対策に役立てる考え。

同研究所の海洋・水理実験棟は、1975年に建設業界では初めて建設された。主要施設として平面水槽と水路があり、波浪・津波・流れなどを実験室内で再現。防波堤・護岸・洋上風力発電基礎などの臨海・海洋構造物に対する水理模型実験を行っている。平面水槽では広いエリアでの波の動き・作用の検証、水路では防波堤などの断面模型を用いた実験など、用途に合わせた実験を行う。

マルチ造波水路の実験においては、90年代後半からポンプ式の津波造波・環流装置を活用して実施。同装置を用いた津波波力評価式は、東日本大震災以前に内閣府が発行した「津波避難ビル等に係るガイドライン」に掲載されている。今回、あらゆる想定に対応できる再現実験ニーズの高まりを受け、約40年ぶりに更新した。(11面)

>>記事全文や他の記事は電子新聞「新聞オンライン」や各種データベースでご覧いただけます(有料です)。



電気新聞購読のご案内

詳細
1カ月4,104円

<Web限定>電気新聞を「1か月間無料」でお届けします。

今すぐお申し込みください。

有料データベース

詳細

e-ClipNews、新聞オンライン(デジタル新聞)、記事検索はこちらから

ご利用方法・料金などについては各サービスのウェブサイトをご覧ください



ページのトップへ

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

電気新聞購読のご案内

 

  • 有料データベースサービス

    有料データベース
    e-ClipNews、新聞オンライン(デジタル新聞)、記事検索はこちらから
  • メールマガジン

    メールマガジン
    電力業界の1週間の動きをお伝えします。毎週月曜朝配信(祝日の場合は翌日)。新刊情報などを紹介する「お知らせメール」も配信開始。ぜひご登録ください (無料)
 
  • エネルギー環境教育情報が満載!エネルギー教育.ねっと