電気新聞 ENERGY & ELECTRICITY The Denki Shimbun

  • ホーム
  • ニュース
  • 出版物
  • イベント
  • 広告・特集
  • 電気新聞について
  • トップ
  • 主要ニュース
  • 電力・エネルギー
  • 産業・技術
  • 工事・保安
  • 地域
  • フォト
  • スペシャル
  • エネルギー業界プレスリリース

工事・保安

九電ハイテック、送電線保全にドローン活用-4月1日から適用 

2016/03/24  

デモ飛行では実際に運用中の設備も点検した

デモ飛行では運用中の設備も点検した

九州電力グループで送変電設備などの保全を担う九電ハイテック(福岡市、中尾正昭社長)は、送電線の巡視点検にドローンを活用する。4月1日から鉄塔・電線類の劣化状態確認や電気事故時の事故点発見、損傷箇所の詳細点検に適用。送電線停止の減少による供給信頼度の維持・向上、昇塔作業の低減などにつなげる。活用に当たっては、独自の社内ルールを定めるなど、安全確保を第一に運用を行う。

23日、九州電力電力輸送本部の新開明彦部長や中尾社長らの立ち会いの下、九州電力山家変電所(福岡県筑紫野市)で、デモ飛行が行われた。現場での運用は、操作役と監視役の2人一組で行われ、作業に先立って風速を測定。16項目のチェックリストに基づく使用前点検の後、ドローンを起動した。操作役はコントローラーに装着されたディスプレーの映像や目視で実機を見ながら、6万6千V鉄塔の碍子や支持物などを撮影。その後、タブレット端末による撮影動画・静止画の確認が現場で行われ、送電線巡視点検におけるドローンの有効性が確認された。(9面)

>>記事全文や他の記事は電子新聞「新聞オンライン」や各種データベースでご覧いただけます(有料です)。



電気新聞購読のご案内

詳細
1カ月4,104円

<Web限定>電気新聞を「1か月間無料」でお届けします。

今すぐお申し込みください。

有料データベース

詳細

e-ClipNews、新聞オンライン(デジタル新聞)、記事検索はこちらから

ご利用方法・料金などについては各サービスのウェブサイトをご覧ください



ページのトップへ

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

電気新聞購読のご案内

 

  • 有料データベースサービス

    有料データベース
    e-ClipNews、新聞オンライン(デジタル新聞)、記事検索はこちらから
  • メールマガジン

    メールマガジン
    電力業界の1週間の動きをお伝えします。毎週月曜朝配信(祝日の場合は翌日)。新刊情報などを紹介する「お知らせメール」も配信開始。ぜひご登録ください (無料)


おすすめ出版物

一覧


  • エネルギー環境教育情報が満載!エネルギー教育.ねっと