電気新聞 ENERGY & ELECTRICITY The Denki Shimbun

  • ホーム
  • ニュース
  • 出版物
  • イベント
  • 広告・特集
  • 電気新聞について
  • トップ
  • 主要ニュース
  • 電力・エネルギー
  • 産業・技術
  • 工事・保安
  • 地域
  • フォト
  • スペシャル
  • エネルギー業界プレスリリース

工事・保安

環境省検討会、減容処理後の汚染土壌資材化に道筋 

2016/06/08  

減容・再生利用技術の取り組み状況などについて報告した

減容・再生利用技術の取り組み状況などについて報告した

再生利用の基本方針を了承

環境省は7日、「中間貯蔵除去土壌等の減容・再生利用技術開発戦略検討会」(座長=細見正明・東京農工大学大学院教授)の第4回会合を都内で開いた。減容・再生利用技術開発戦略の取り組み状況について紹介するとともに、減容処理後の浄化物の安全な再生利用に向けた基本的考え方案を提示した。再生利用に関し、再生資材の放射能濃度については原則として1キログラム当たり8千ベクレル以下とした。今回の議論を経て、基本的考え方はおおむね了承された。

減容・再生利用技術について汚染土壌の再生資材化とモデル的活用に関する実証試験の実施に向けて福島県南相馬市と協議していることを報告。具体的には、約1800トン分の汚染土壌を仮置き場内で減容処理などを行い、土木構造物の構造基盤向け資材などとしてモデル的活用試験を行う。実証を通じて再生利用への理解醸成、コストを明らかにしたい考えだ。(9面)

>>記事全文や他の記事は電子新聞「新聞オンライン」や各種データベースでご覧いただけます(有料です)。



電気新聞購読のご案内

詳細
1カ月4,104円

<Web限定>電気新聞を「1か月間無料」でお届けします。

今すぐお申し込みください。

有料データベース

詳細

e-ClipNews、新聞オンライン(デジタル新聞)、記事検索はこちらから

ご利用方法・料金などについては各サービスのウェブサイトをご覧ください



ページのトップへ

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

電気新聞購読のご案内

 

  • 有料データベースサービス

    有料データベース
    e-ClipNews、新聞オンライン(デジタル新聞)、記事検索はこちらから
  • メールマガジン

    メールマガジン
    電力業界の1週間の動きをお伝えします。毎週月曜朝配信(祝日の場合は翌日)。新刊情報などを紹介する「お知らせメール」も配信開始。ぜひご登録ください (無料)


おすすめ出版物

一覧


  • エネルギー環境教育情報が満載!エネルギー教育.ねっと