電気新聞 ENERGY & ELECTRICITY The Denki Shimbun

  • ホーム
  • ニュース
  • 出版物
  • イベント
  • 広告・特集
  • 電気新聞について
  • トップ
  • 主要ニュース
  • 電力・エネルギー
  • 産業・技術
  • 工事・保安
  • 地域
  • フォト
  • スペシャル
  • エネルギー業界プレスリリース

電力・エネルギー

関西電力のLNG船、3隻目は「寿老人」-長崎で命名式 

2015/11/11 

命名式を終えた三菱重工の宮永社長(左から2人目)と関西電力の八木社長(同3人目)

命名式を終えた三菱重工の宮永社長(左から2人目)と関西電力の八木社長(同3人目)

関西電力が商船三井と共同保有する新造LNG(液化天然ガス)船の命名式が10日、建造先の三菱重工業長崎造船所(長崎市)で開催された。関電の八木誠社長、商船三井の池田潤一郎社長、三菱重工の宮永俊一社長ら約70人が出席。八木社長が命名者となり、「LNG JUROJIN(ジュロウジン)」と名付けられた。30日に竣工し、引き渡される。

命名されたのは、三菱重工100%出資子会社の三菱重工船舶海洋(長崎市、横田宏社長)が建造した新鋭LNG船シリーズ「さやえんどう」。主に、関電が契約するオーストラリアのイクシスLNGプロジェクトの燃料輸送船として活用される。

同船は、関電が70%、商船三井が30%を出資する会社が保有する。関電にとっては、すでに就航している「LNG EBISU(エビス)」、2015年度中の竣工を予定する「LNG FUKUROKUJU(フクロクジュ)」に次ぐ、3番目の専用LNG船となる。(3面)

>>記事全文や他の記事は電子新聞「新聞オンライン」や各種データベースでご覧いただけます(有料です)。



電気新聞購読のご案内

詳細
1カ月4,104円

<Web限定>電気新聞を「1か月間無料」でお届けします。

今すぐお申し込みください。

有料データベース

詳細

e-ClipNews、新聞オンライン(デジタル新聞)、記事検索はこちらから

ご利用方法・料金などについては各サービスのウェブサイトをご覧ください



ページのトップへ

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

電気新聞購読のご案内

 

  • 有料データベースサービス

    有料データベース
    e-ClipNews、新聞オンライン(デジタル新聞)、記事検索はこちらから
  • メールマガジン

    メールマガジン
    電力業界の1週間の動きをお伝えします。毎週月曜朝配信(祝日の場合は翌日)。新刊情報などを紹介する「お知らせメール」も配信開始。ぜひご登録ください (無料)


おすすめ出版物

一覧


  • エネルギー環境教育情報が満載!エネルギー教育.ねっと