Publication - 特別号

商品の説明

お申し込みはこちらから→出版物購入のお申し込み

[原子力を考えるVol.28]東京電力・福島第一原子力発電所 ここがポイント 事故調査報告書

出版物購入のお申し込み購入お申し込みはこちらから

目次

・はじめに
・Q1 地震による設備被害は?
・Q2 津波による設備被害は?
・Q3 なぜ水素爆発が起こったのか?
・Q4 被災した他の原子力発電所との違いは?
・Q5 事前の対策・備えはどうだったのか?
・4つの事故調の主な提言・提案
・インタビュー「事故の支配的な要因について」(名古屋大学大学院教授・山本章夫氏)

[原子力を考えるVol.28]東京電力・福島第一原子力発電所 ここがポイント 事故調査報告書 (ジャンル:原子力を考える)

¥259 (本体¥240)※送料別

内容の一部を見る

発 行: 2012年10月
サイズ: A4判
ページ数: 16ページ

4つの事故調査報告書を分かりやすく整理!

福島事故について、経緯や原因などを調査したいくつかの報告書がまとめられています。しかし、いずれもページ数が多く内容も難解と言われます。また、報道では遠因(根本的原因)や各報告書の論点比較にばかり焦点があたり、事故そのもので判明している事実が見えにくくなっています。いまだに「原子炉が爆発した」「臨界が止まらなかった」などの誤解があるのも事実です。

そこで、この冊子では、政府、国会、民間、東電の4つの事故調査報告書をもとに、地震、津波による設備被害に焦点をあて、Q&A方式で整理しました。主な内容は、原子炉の安全上重要な設備への被害、水素発生の原因、被災した他の原子力発電所との違い、事前の対策・備えはどうだったのか、各事故調査委員会の提言・提案。項目ごとに報告書の記載を引用しながら、イラスト、コラムなどを用いて一般の方にも分かりやすい解説を加えました。

さらに名古屋大学大学院の山本章夫教授に、事故の要因などについてインタビューするとともに、報告書から読み取れる要点を解説していただきました。エネルギー問題や原子力発電の今後を考えるにあたり、今回の事故をあらためて把握しておくための一冊です。



電気新聞購読のご案内

詳細
1カ月4,104円

<Web限定>電気新聞を「1か月無料」でお届けします。

今すぐお申し込みください。

メールマガジンのご案内

詳細

毎週月曜日配信

『電気新聞 WEEKLY』
電力業界の1週間の動きをお伝えします
「お知らせメール」も配信開始。

ぜひご活用ください

ページのトップへ

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

電気新聞購読のご案内

  • 有料データベースサービス

    有料データベース
    e-ClipNews、新聞オンライン(デジタル新聞)、記事検索はこちらから
  • メールマガジン

    メールマガジン
    電力業界の1週間の動きをお伝えします。毎週月曜朝配信(祝日の場合は翌日)。新刊情報などを紹介する「お知らせメール」も配信開始。ぜひご登録ください (無料)


おすすめ出版物

一覧


  • エネルギー環境教育情報が満載!エネルギー教育.ねっと